試作開発のポイント技術ハンドブック 選ばれる理由 試作開発品製作事例 試作開発品設計のポイント 試作開発品技術情報 試作品製作サービス 量産品サポート Q&A お問い合わせ 企業サイト イプロス

工法転換による設計のポイント

ロストワックスによる一体構造化でコストダウン

1_b

機械部品では、別体構造であることによりコスト高となっているものが多々あります。例えば、上図のように3個のパーツを組み立てる部品があるとします。この場合,それぞれの部品を個別に切削加工し、その後に溶接を行う必要があります。したがって、こうした部品を量産する場合には、工数が増大してコスト高となりますのでVAの余地があります。

1_a

機構上問題が無ければ、精密鍛造が可能なロストワックス製法を用いることで、VAを図ることができます。まず、ロストワックスで3部品を一体で製作します。その後、切削加工で求められる精度に仕上げることで、各部品を別々に製作するよりも工程を短縮できます。したがって、製造工数削減と、部品点数減による管理工数削減の両面でコストダウン効果があります。

複数部品を組み付けるASSY部品では、構造の一体化によりVAを図れるケースが多々あります。当事例では、ロストワックスと切削加工の組合せによる部品の一体化でコストダウンを実現しています。設計者は、試作開発の段階で、別体構造の一体化することを加味することにより、機械部品のVA・VEを図ることができます。

お電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください