試作開発のポイント技術ハンドブック 選ばれる理由 試作開発品製作事例 試作開発品設計のポイント 試作開発品技術情報 試作品製作サービス 量産品サポート Q&A お問い合わせ 企業サイト イプロス

工法転換による設計のポイント

切削面の多い大型機械部品の別体化によるコスト削減

4_b

ブロック形状で大物の機械部品では、切削加工量が多くなります。そのため、材料面ではロスが大きくなります。また、切削加工量が多くなればなるほど、比例的に加工時間も長くなります。したがって、このような大型で切削加工量が多い機械部品は材料面および加工時間の両面でコスト高となります。

4_a

切削加工量が多い大型の機械部品では、複数部品への別体化と工法転換を検討する余地があります。例えば、荷重があまりかからない場合には、上図のように、部品を二分割し、裏からボルト締めにして固定する方法が考えられます。これにより、多くの切削加工を行うよりも、材料、加工両面からコストダウンできる場合があります。

装置設計では用途により組み付け方法を変える事が重要です。装置全体に要求される精度や強度を考慮したうえで、最適な接合方法等を考えることでコストダウンに繋がります。溶接による機械部品同士の接合は、強度が高いものの溶接熱による歪みが生じるため、高精度部品では修正コストが高くなります。場所によってノックピンとネジによる締結を採用した設計とすることで組立コストを削減することが可能となります。

お電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください